トップページ > 1年生の講座 > インターネット基礎概論

インターネット基礎概論

ホームページを作る前に知っておくべきインターネットの世界

世界には地球の人口より数多いホームページがあります。今ご覧になってるこのページもそのひとつです。あるページから違うページ(webサイトととも言います)に次々にアクセスして目的のページを探したりすることをネットサーフィンと言います。webサイトを波に例えて、それに次々乗っていくと言った意味でこう呼ばれます。じゃあ、波に乗っている私達自身は何と呼ばれるのかと言えば、サーフィンをする人=サーファーということで、ネットサーファーになります。

そもそもインターネットというのはどういうものなのでしょうか?分かりやすく例えるなら「宇宙」みたいなものです。現実にある宇宙で、地球とは単なる1つの星にすぎません。他に沢山の星がありますね。つまり、インターネット=宇宙ならば、ホームページ(webサイト)=星というイメージです。

これからインターネット=宇宙、ホームページ=星、ホームページを見るためのソフト(ブラウザ)=宇宙船、宇宙船に乗っている人=訪問者、と例えてインターネットの世界をご紹介しようと思います。 インターネットの世界を理解するとHPの作成、特にアクセスアップの面で必ず役立ちます。

1年生の講座だけできっかけを掴み、あとは自分で、という方も出てくるほど、ホームページ作成の根本的な部分を、手順を踏んで解説してあります。ぜひこの講座を読んでみて、実際にこの講座と同じように作って練習しみてください。

インターネット宇宙
インターネット宇宙論の世界

インターネット=宇宙、ホームページ=星、ブラウザ=宇宙船!?

宇宙には数多くのタイプの星があります。毎日いろんな所で星が生まれ、そして消えています。ある星はとても大きく、ある星はとても小さい。またある星には瞬間移動装置(リンクの事です)が設置されてて、他の星に移動することができます。またある大きな星は、自分の星の周りにいくつもの小さい衛星が囲んでいます。

星の大きさは、そこに訪れる人の数、つまりアクセスする数によって大きさが決定付けられます。大きな星は、人の出入りが激しい星です。逆に小さい星は、人の出入りが少ない星です。まず、みなさんにこれからいろんな星を見に行く旅にでかけましょう。

星の大きさとアクセス数
アクセスの多さは星の大きさに比例。大きな星は人が集まる星。

さて星が一つ見えてきました。nifty星です。とても大きな星です。そして周りに小さい衛星がいっぱいですね。この小さい衛星達は、nifty星の住民達個人の星です。nifty星では自分の星をnifty星の周りに持つことができます。また、nifty星で衛星を持つと、nifty星から瞬間移動装置が衛星に張られ、始めのうちは外部の星々から訪問者が訪れる事は少ないですが、nifty星からいろんな人がやってきます。

@nifty星
@nifty星

さて次は中心に大きな星と、ものすごい数の衛星、まるで一つの銀河のような星があります。これは楽天星団です。まず母体となる楽天星には検索機能付き瞬間移動装置という特殊な移動装置が備わっています。つまり、楽天銀河の中にある衛星の中で、目的に合った星を見つけ出し、そこに移動することができます。このような星は他にもyahoo星、livedoor星、といくつかあります。

楽天星団
楽天星団

さて、次の星です。おや?何かロボットが来ましたよ?こちらを伺ってるようです。このロボットは宇宙にある数多くの星を1つ1つ探索して、どのような星なのかという情報を母体の星に送る役目をしています。その母体の星、つまりロボットを派遣している星が見えてきました。Google星と言います。

Google星
Google星

この星にも検索機能付き瞬間移動装置があり、多くの宇宙船がここから宇宙へ旅立つ言わば宇宙ステーションのような星です。Google星にある検索機能付き瞬間移動装置はとても優れています。この広い宇宙にある無数の星の情報を派遣ロボット達が中央サーバーに送り、しかも、その情報の正確性の情報まで送ります。検索機能付き瞬間移動装置は、その情報を元に沢山の星を紹介します。実際にその星に飛ばなくても、その星のある程度の情報も引っ張って来てくれます。訪問者達はそのリストアップされたデータを元に、自分が行ってみたい星を選んで行く事が出来ます。料理のレシピを沢山紹介している星、犬好きが集まっている星など、検索した内容に合致した星へ一瞬で連れていってくれるのです。

ホームページを持つこと=星を持つこと

さて、今までのお話で、なんとなくイメージが沸きましたか?自分でホームページを持つ事は、インターネットという広い宇宙の世界に自分の星を持つという事なのです。

それでは星の作り方、つまりどうやってホームページ作るのよ?って話に行くんですが、星を作る前に、実はこの宇宙、どこにでも星を作れると言うわけではありません。現実の宇宙は、星がいくつあって、どの場所にあるという情報は誰も知りえないですが、インターネットの宇宙は、実は管理しているところがあります。ドメインネームサーバーといいます。このサーバーには、宇宙にある星の場所・管理者の情報を全て持っています。星を作るときは、ここに申請をしなければ、自分の星を作ることができません。広大な宇宙のどこかの場所を自分の土地としてまず確保します。土地?宇宙は空間ですね。スペースを確保するんです。

星作りの前にスペースをまず確保する必要があるので、次の講座ではスペースの確保についてお話をします。

次の講座⇒
▲ページ上部にスクロール